ここへジャンプ:

非推奨
この機能は Web 標準から削除されました。まだサポートしているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。新旧にかかわらず、プロジェクトでの使用をやめてください。この機能を使用するページ、Web アプリはいつ動かなくなってもおかしくありません。

概要

文字列を、I タグで囲んだときのように、斜体 (italic) で表示させます。

構文

str.italics()

詳細

文書中で文字列を整形して表示するためには、write 、あるいは、writeln メソッドと共に、 italics メソッドを使用してください。サーバーサイド JavaScript では、write 関数を使って、文字列を表示してください。

例: 文字列の整形を変化させるための string オブジェクトのメソッドの使用

以下の例は、文字列の整形を変化させるために string オブジェクトのメソッドを使用しています。:

var worldString = "Hello, world";

document.write( worldString.blink() );
document.write( "<P>" + worldString.bold() );
document.write( "<P>" + worldString.italics() );
document.write( "<P>" + worldString.strike() );

この例は、以下の HTML と同様の出力を生成します。:

<BLINK>Hello, world</BLINK>
<P><B>Hello, world</B>
<P><I>Hello, world</I>
<P><STRIKE>Hello, world</STRIKE>

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: teoli, ethertank, Mgjbot, Potappo
最終更新者: teoli,