ジャンプ先:

非推奨
この機能は Web 標準から削除されました。まだサポートしているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。新旧にかかわらず、プロジェクトでの使用をやめてください。この機能を使用するページ、Web アプリはいつ動かなくなってもおかしくありません。

概要

文字列を、<font color=" color "> タグで囲んだときのように、指定された色で表示します。

構文

str.fontcolor(color)

引数

color
16 進表現 で表す RGB の3つの組み合わせとして、あるいは、文字列リテラルとして、色を表す文字列。

詳細

文書中で文字列を整形して表示するためには、write 、あるいは、writeln メソッドと共に、 fontcolor メソッドを使用してください。サーバーサイド JavaScript では、write 関数を使って、文字列を表示してください。

color を 16 進表現 で表す RGB の3つの組み合わせとして表す場合、 rrggbb の形式を使用しなければなりません。例えば、salmon を表す【訳注: 鮭色だと、salmon pink の FDC6B9 を意味するようです。salmon の和名はわからないので、原語そのままにしてあります。】 16 進表現 の RGB の値は、red=FA、green=80、 blue=72 です。ですから、salmon を表す RGB の3つの組み合わせは、"FA8072" です。

fontcolor メソッドは、fgColor プロパティの値を上書きします。

例: fontcolor メソッドの使用

以下の例は、文字列の色を変化させるために fontcolor メソッドを使用しています。【訳注: maroon についても、マルーンでは、662B2C で表される maroon を表すようなので、原語のままです。red も、統一する意味で原語のままにしてあります。】:

var worldString="Hello, world"

document.write("この行における " + worldString.fontcolor("maroon") +
   " は maroon です。")
document.write("<P>この行における " + worldString.fontcolor("salmon") +
   " は salmon です。")
document.write("<P>この行における " + worldString.fontcolor("red") +
   " は red です。")

document.write("<P>この行における " + worldString.fontcolor("8000") +
   " は 16 進表現での maroon です。")
document.write("<P>この行における " + worldString.fontcolor("FA8072") +
   " は 16 進表現での salmon です。")
document.write("<P>この行における " + worldString.fontcolor("FF00") +
   " は 16 進表現での red です。")

上記の例は、以下の HTML と同様の出力を生成します。:

この行における <FONT COLOR="maroon">Hello, world</FONT> は maroon です。
<P>この行における <FONT COLOR="salmon">Hello, world</FONT> は salmon です。
<P>この行における <FONT COLOR="red">Hello, world</FONT> は red です。

<P>この行における <FONT COLOR="8000">Hello, world</FONT> 
は 16 進表現での maroon です。
<P>この行における <FONT COLOR="FA8072">Hello, world</FONT> 
は 16 進表現での salmon です。
<P>この行における <FONT COLOR="FF00">Hello, world</FONT> 
は16進表現での red です。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: teoli, ethertank, Potappo
最終更新者: teoli,