String.prototype.strike()

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

文字列を、<strike> タグで囲んだときのように、打ち消し線を引いたテキストとして表示させます。

構文

str.strike()

戻り値

<strike> HTML 要素を含む文字列。

詳細

文書中で文字列を整形して表示するためには、write() メソッドと共に、 strike() メソッドを使用してください。サーバーサイド JavaScript では、write() 関数を使って、文字列を表示してください。

例: 文字列の整形を変化させるための string オブジェクトのメソッドの使用

以下の例は、文字列の整形を変化させるために string オブジェクトのメソッドを使用します。:

var worldString = "Hello, world";

document.write( worldString.blink() );
document.write( "<P>" + worldString.bold() );
document.write( "<P>" + worldString.italics() );
document.write( "<P>" + worldString.strike() );

この例は、以下の HTML と同様の出力を生成します。:

<BLINK>Hello, world</BLINK>
<P><B>Hello, world</B>
<P><I>Hello, world</I>
<P><STRIKE>Hello, world</STRIKE>

仕様

Specification
ECMAScript (ECMA-262)
String.prototype.strike の定義

ブラウザ互換性情報

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
strike
非推奨
Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 3Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

関連情報