Function.displayName

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

function.displayName プロパティは、関数の表示名を返します。

displayName の設定

通常、コンソールやプロファイラーでは関数名を表示するのに func.name よりも好まれます。

以下のものをコンソールに入力すると、 "function My Function()" のように表示されます。

var a = function() {};
a.displayName = 'My Function';

a; // "function My Function()"

displayName プロパティが定義されると、関数の表示名が返されます。

function doSomething() {}

console.log(doSomething.displayName); // "undefined"

var popup = function(content) { console.log(content); };

popup.displayName = 'Show Popup';

console.log(popup.displayName); // "Show Popup"

関数式の displayName の定義

関数式内で、関数と同時に表示名を定義できます。

var object = {
  someMethod: function() {}
};

object.someMethod.displayName = 'someMethod';

console.log(object.someMethod.displayName); // logs "someMethod"

try { someMethod } catch(e) { console.log(e); }
// ReferenceError: someMethod is not defined

動的な displayName の変更

関数の displayName を動的に変更できます。

var object = {
  // anonymous
  someMethod: function(value) {
    arguments.callee.displayName = 'someMethod (' + value + ')';
  }
};

console.log(object.someMethod.displayName); // "undefined"

object.someMethod('123')
console.log(object.someMethod.displayName); // "someMethod (123)"

仕様書

どの仕様にも含まれていません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報