非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

anchor() メソッドは、ハイパーテキストターゲットとして利用される <a> HTML アンカー要素を生成します。

構文

str.anchor(name)

パラメーター

name
生成するタグの name 属性を表す文字列。

戻り値

<a> HTML 要素を含む文字列。

説明

プログラムからアンカーを生成して、ドキュメントに表示するため anchor() メソッドを使用できます。

構文として、テキストの文字列は、ユーザーに表示する文字列を表します。name 引数文字列は、<a> 要素の name 属性を表します。

anchor メソッドで生成されたアンカーは、document.anchors の配列の要素となります。

anchor() の使用

var myString = 'Table of Contents';

document.body.innerHTML = myString.anchor('contents_anchor');

以下の HTML が生成されるでしょう。:

<a name="contents_anchor">Table of Contents</a>

仕様

仕様書 策定状況 コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
String.prototype.anchor の定義
標準 初期定義。JavaScript 1.0 で実装。ウェブブラウザーのための ECMAScript 拡張の付録 B に定義。

ポリフィル

if (!String.prototype.anchor)
    String.prototype.anchor = function(x){
        return '<a name="' + x + '">' + this + '</a>'
    }

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung InternetNode.js
基本対応
非推奨
Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1
補足
完全対応 1
補足
補足 Starting with version 17, the quotation mark (") is replaced by its HTML reference character (") in strings supplied for the name parameter.
IE 未対応 なしOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: sutara79, YuichiNukiyama, teoli, ethertank, Mgjbot, Potappo
最終更新者: sutara79,