Function.prototype プロパティは、Function プロトタイプオブジェクトを表します。

説明

すべての Function オブジェクトは、Function.prototype を継承します。Function.prototype は変更できません。

プロパティ

Function.prototype.arguments
関数に渡した引数に一致する配列です。これは Function オブジェクトのプロパティとしては非推奨です。代わりに関数内に用意されている arguments オブジェクトを使用してください。
Function.arity
関数によって期待される引数の数を指定します。代わりに length プロパティを使用してください。
Function.prototype.caller
現在実行している関数を呼び出した関数を返します。
Function.prototype.length
関数によって期待される引数の数を指定します。
Function.prototype.name
関数の名前です。
Function.displayName
関数の表示名です。
Function.prototype.constructor
オブジェクトのプロトタイプを生成する関数を指定します。詳細は Object.prototype.constructor を参照してください。

メソッド

Function.prototype.apply()
関数を呼び出して、this に提供した値を設定します。引数は Array のように渡せます。
Function.prototype.bind()
指定した this を持つ新しい関数を作成します。残りの引数は新しい関数を呼び出す時に渡されます。
Function.prototype.call()
関数を呼び出して、this に提供した値を設定します。引数は、指定するオブジェクトのものとして渡すことができます。
Function.prototype.isGenerator()
関数が generator である場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。
Function.prototype.toSource()
関数のソースコードを表す文字列を返します。Object.prototype.toSource メソッドを上書きします。
Function.prototype.toString()
関数のソースコードを表す文字列を返します。Object.prototype.toString メソッドを上書きします。

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.1 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Function.prototype の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Function.prototype の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Function.prototype の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
prototypeChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: mdnwebdocs-bot,