非推奨
この機能は Web 標準から削除されました。まだサポートしているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。新旧にかかわらず、プロジェクトでの使用をやめてください。この機能を使用するページ、Web アプリはいつ動かなくなってもおかしくありません。

概要

文字列を、<small>で囲んだときと同様に、小さなフォントで表示させます。

注意: HTML5 に於いては <small> 要素は単なる小さい文字で表示する為のものから、細目などを表すセマンティクスへ変更されています。

構文

str.small()

 

詳細

文書中で文字列を整形して表示するためには、write 、あるいは、writeln メソッドと共に、 small メソッドを使用してください。サーバーサイド JavaScript では、write 関数を使って、文字列を表示してください。

例: 文字列のサイズを変化させるための string オブジェクトのメソッドの使用

var worldString = "Hello, world";

console.log(worldString.small());     // <small>Hello, world</small>
console.log(worldString.big());       // <big>Hello, world</big>
console.log(worldString.fontsize(7)); // <font size="7">Hello, world</fontsize>

この例は、以下の HTML と同様の出力を生成します。:

<small>Hello, world</small>
<p><big>Hello, world</big>
<p><fontsize=7>Hello, world</fontsize>

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: teoli, ethertank, Mgjbot, Potappo
最終更新者: teoli,