toString


概要

指定された Number オブジェクトを表す 文字列を返します。

Number のメソッド
実装されたバージョン JavaScript 1.1, JScript 2
ECMA バージョン ECMA-262

構文

number.toString( [radix] )

引数

radix
数値を表すために使われる基数を指定する、2 から 36 までの整数。

説明

Number オブジェクトは、ObjecttoString メソッドを上書きします。つまり、 Object.toString を継承しません。Number オブジェクトでは、toString メソッドは指定された基数でオブジェクトを表した文字列を返します。

toString メソッドはその最初の引数を解釈し、指定された基数で表した文字列を戻り値とします。 10 より大きい基数では、アルファベットの文字が 9 より大きい数を示します。例えば、16進表記(基数は 16)では、 A から F までが使われます。

2から 36 までの整数ではない基数が引数として与えられた場合、例外が投げられます。

基数が指定されなかった場合、JavaScript は、指定された基数は 10 だと解釈します。

var count = 10;
print(count.toString());   // "10" を表示します。
print((17).toString());    // "17" を表示します。
 
var x = 7;
print(x.toString(2));      // "111" を表示します。


参照



Document Tags and Contributors

Contributors to this page: Shoot, Potappo, ethertank, Mgjbot
最終更新者: ethertank,