HTMLMediaElement.playbackRate

HTMLMediaElement.playbackRate プロパティは、メディアが再生されるレートを設定します。これはユーザーが早送りやスローモーションなどのユーザー制御を実装するために使用されます。通常の再生レートにこの値を掛けて現在のレートが求められるため、 1.0 の値が通常の速度です。

playbackRate が負の数であれば、メディアは逆方向に再生されます。

音声は、逆方向の再生であったり、早送りやスロー再生が実用的な範囲を外れていた場合 (例えば、 Gecko は 0.25 から 5.0 の範囲であれば) ミュートされます。

既定では音声の高さが修正され、どの速度でも同じになります。ブラウザーによっては、これを制御するために標準外の preservespitch プロパティを実装しています。

構文

// 動画
video.playbackRate = 1.5;
// 音声
audio.playbackRate = 1.0;

double 型。 1.0 は「通常の速度」で、 1.0 より小さければ通常より遅く、大きければ通常より早く再生されます。 (既定値: 1.0)

var obj = document.createElement('video');
console.log(obj.playbackRate); // Expected Output: 1

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
HTMLMediaElement.playbackRate の定義
現行の標準  
HTML5
HTMLMediaElement.playbackRate の定義
勧告  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
playbackRateChrome 完全対応 43Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 20IE 完全対応 9Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 20Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,