HTMLMediaElement.playbackRate

HTMLMediaElement.playbackRate プロパティは、メディアが再生されるレートを設定します。これはユーザーが早送りやスローモーションなどのユーザー制御を実装するために使用されます。通常の再生レートにこの値を掛けて現在のレートが求められるため、 1.0 の値が通常の速度です。

playbackRate が負の数であれば、メディアは逆方向に再生されます。

音声は、逆方向の再生であったり、早送りやスロー再生が実用的な範囲を外れていた場合(例えば、 Gecko では 0.25 から 4.0 の範囲であれば)ミュートされます。

既定の設定では、音声のピッチが補正されます。ピッチ補正は HTMLMediaElement.preservesPitch (en-US) プロパティで無効にすることができます。

double 値です。 1.0 は「通常の速度」で、 1.0 より小さければ通常より遅く、大きければ通常より早く再生されます。(既定値: 1.0

var obj = document.createElement('video');
console.log(obj.playbackRate); // Expected Output: 1

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-media-playbackrate-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報