HTMLMedia​Element: canplaythrough イベント

canplaythrough イベントは、ユーザーエージェントがメディアを再生可能なときに発生し、コンテンツをさらにバッファリングするために再生を停止することなく、メディアを最後まで再生するのに十分なデータが読み込まれたと推定します。

このイベントはキャンセル不可で、バブリングしません。

構文

このイベント名を addEventListener() などのメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

addEventListener('canplaythrough', event => { });

oncanplaythrough = event => { };

イベント型

一般の Event です。

これらの例では、 HTMLMediaElement の canplaythrough イベントのイベントリスナーを追加し、そのイベントハンドラーがイベントの発生に反応したときにメッセージを投稿します。

addEventListener() を使用する場合

const video = document.querySelector('video');

video.addEventListener('canplaythrough', (event) => {
  console.log('バッファリングを止めることなく、' +
      '動画全体を再生できると思います。');
});</pre>

`oncanplaythrough` イベントハンドラープロパティを使用する場合

```js
const video = document.querySelector('video');

video.oncanplaythrough = (event) =&gt; {
  console.log('バッファリングを止めることなく、' +
      '動画全体を再生できると思います。');
};

仕様書

Specification
HTML Standard
# event-media-canplaythrough
HTML Standard
# handler-oncanplaythrough

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連イベント

関連情報