HTMLMediaElement.buffered

HTMLMediaElement.buffered 読み取り専用プロパティは、buffered プロパティにアクセスした時点でブラウザーがバッファリングしているメディアソースの範囲(存在する場合)を示す新しい TimeRanges オブジェクトを返します。

: この機能は Web Workers では利用できません。

構文

var timeRange = audioObject.buffered

TimeRanges オブジェクト。 このオブジェクトは正規化されています。 つまり、複数の範囲は順序付けされており、(隣接する範囲は1つの大きな範囲に折りたたまれて、)重なり合ったり、空だったり、接触していたりすることはありません。

var obj = document.createElement('video');
console.log(obj.buffered); // TimeRanges { length: 0 }

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
HTMLMediaElement.buffered の定義
現行の標準 HTML5 から変更なし
HTML5
HTMLMediaElement.buffered の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報