HTMLMediaElement.autoplay

HTMLMediaElement.autoplay プロパティは、 HTML の autoplay 属性を反映しています。これは、再生に必要なメディアが揃った時点で自動的に再生を開始するかどうかを示します。

ソースが MediaStreamautoplay プロパティが true のメディア要素は、アクティブになると(つまり、MediaStream.activetrue になると)再生を開始します。

メモ: 自動的に音声(または音声トラックを含む動画)を再生するサイトは、ユーザーにとって不快な経験になる可能性があるため、可能な限り避けるべきです。 自動再生機能を提供する必要がある場合は、オプトインする必要があります(ユーザーに明確に有効にするよう要求する)。 ただし、自動再生は、ソースが後でユーザーの制御下で設定されるメディア要素を作成するときには便利です。

自動再生、自動再生のブロック、およびユーザーのブラウザーによって自動再生がブロックされた場合の対応方法についての詳細は、メディアおよびウェブオーディオ API の自動再生ガイドを参照してください。

論理値で、このメディア要素が中断することなく再生できる量のコンテンツを読み込んだらすぐに再生を開始する場合は true となります。

メモ: ブラウザーによっては、ユーザーに無断でまたはバックグラウンドで破壊的な音声または動画が再生されるのを防ぐために、ユーザーが autoplay を無効にすることができるようにしている場合があります。 autoplay が実際に再生を開始するとは限りませんので、代わりに play イベントを使用してください。

...

<video id="video" controls>
  <source src="https://player.vimeo.com/external/250688977.sd.mp4?s=d14b1f1a971dde13c79d6e436b88a6a928dfe26b&profile_id=165">
</video>
*** autoplay を無効にする(推奨) ***
      既定値は false です
        document.querySelector('#video').autoplay = false;

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-media-autoplay

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報