HTMLMediaElement: pause イベント

pause イベントは、動作の一時停止のリクエストが処理され、動作が一時状態に入ったときに送信されるものであり、メディアが要素の pause() の呼び出しを通して一時停止した後が最も一般的です。イベントは pause() メソッドから戻り、メディア要素の paused プロパティが true に変化した後で一度送信されます。

基本情報

バブリング なし
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス Event
対象 Element
既定のアクション なし
イベントハンドラープロパティ GlobalEventHandlers.onpause (en-US)
仕様書 HTML5 media

これらの例は、 HTMLMediaElement の pause イベントにイベントリスナーを追加してから、イベントが発生したことでイベントハンドラーが動作したときにメッセージをポストします。

addEventListener() を使用した例:

const video = document.querySelector('video');

video.addEventListener('pause', (event) => {
  console.log('The Boolean paused property is now true. Either the ' +
  'pause() method was called or the autoplay attribute was toggled.');
});

onpause イベントハンドラープロパティを使用した例:

const video = document.querySelector('video');

video.onpause = (event) => {
  console.log('The Boolean paused property is now true. Either the ' +
  'pause() method was called or the autoplay attribute was toggled.');
};

仕様書

仕様書 状態
HTML Living Standard
pause media event の定義
現行の標準
HTML5
pause media event の定義
勧告

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報