HTMLMediaElement: pause イベント

pause イベントは、動作の一時停止のリクエストが処理され、動作が一時状態に入ったときに送信されるものであり、メディアが要素の pause() の呼び出しを通して一時停止した後が最も一般的です。イベントは pause() メソッドから戻り、メディア要素の paused プロパティが true に変化した後で一度送信されます。

基本情報

バブリング なし
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス Event
対象 Element
既定のアクション なし
イベントハンドラープロパティ GlobalEventHandlers.onpause
仕様書 HTML5 media

これらの例は、 HTMLMediaElement の pause イベントにイベントリスナーを追加してから、イベントが発生したことでイベントハンドラーが動作したときにメッセージをポストします。

addEventListener() を使用した例:

const video = document.querySelector('video');

video.addEventListener('pause', (event) => {
  console.log('The Boolean paused property is now true. Either the ' + 
  'pause() method was called or the autoplay attribute was toggled.');
});

onpause イベントハンドラープロパティを使用した例:

const video = document.querySelector('video');

video.onpause = (event) => {
  console.log('The Boolean paused property is now true. Either the ' + 
  'pause() method was called or the autoplay attribute was toggled.');
};

仕様書

仕様書 状態
HTML Living Standard
pause media event の定義
現行の標準
HTML5
pause media event の定義
勧告

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
pause eventChrome 完全対応 3Edge 完全対応 ありFirefox 完全対応 3.5IE 完全対応 9Opera 完全対応 10.5Safari 完全対応 3.1WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報