Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

element.hasAttributeNS

 

このページは翻訳中です。
翻訳作業に参加する場合は、履歴にある翻訳者と連絡·調整してください。


概要

hasAttributeNS は現在の要素が指定した属性を所有するか否かを示す boolean 値を返します。

構文

result =element.hasAttributeNS(namespace,localName) 
  • resulttrue もしくは false の boolean 値です。
  • namespace は属性の名前空間を特定する文字列です。
  • localName は属性の名前です。

// 値をセットする前に属性が存在しているか検証します。
var d = document.getElementById("div1"); 
if (d.hasAttributeNS( 
        "http://www.mozilla.org/ns/specialspace/", 
        "special-align")) {
   d.setAttribute("align", "center");
}

注記

DOM メソッドは要素の属性を取り扱います。

名前空間に無関係、
最も一般的に使用されるメソッド
名前空間に限定される変数
(DOM Level 2)
Attr ノードを直接扱う DOM レベル 1 のメソッド
(ほとんど使用されない)
Attr ノードを直接扱う DOM レベル 2 名前空間に限定されるメソッド
(ほとんど使用されない)
setAttribute (DOM 1) setAttributeNS setAttributeNode setAttributeNodeNS
getAttribute (DOM 1) getAttributeNS getAttributeNode getAttributeNodeNS
hasAttribute (DOM 2) hasAttributeNS - -
removeAttribute (DOM 1) removeAttributeNS removeAttributeNode -

仕様

DOM Level 2 Core: hasAttributeNS

 

 

 

 

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, khalid32, Mgjbot, Ryotakano
 最終更新者: khalid32,