Element.scrollTop

Element.scrollTop プロパティは、要素の内容が垂直にスクロールするピクセル数を取得または設定します。

要素の scrollTop の値は、要素の上から最も上の表示されているコンテンツまでの距離を測ったものです。要素の内容が垂直スクロールバーを生成しなかった場合は、 scrollTop の値は 0 になります。

scrollTop がルート要素 (<html> 要素) に対して使用されると、ウィンドウの scrollY が返されます。これは scrollTop の特例です

Warning: 画面の拡大縮小を使用するシステムでは、 scrollTop が小数になることがあります。

構文

// スクロールしたピクセル数を取得
var intElemScrollTop = someElement.scrollTop;

このコードを実行した後、 intElemScrollTop はこの要素 (Element) が上方向にスクロールしたピクセル数に対応した整数になります。

// スクロールするピクセル数を設定
element.scrollTop = intValue;

scrollTop は任意の整数値で設定することができます。しかし、

  • 要素がスクロールできない場合 (例えば、はみ出した部分がない場合や、要素に "non-scrollable" のプロパティがある場合)、 scrollTop0 に設定されます。
  • scrollTop は負の数には対応していません。代わりに、 0 に戻ります。
  • 指定された値が、コンテンツがスクロールできる最大値を超えていたら、 scrollTop は最大値に設定されます。

要素のスクロール

この例で、破線の境界線の付いた内部のコンテナーをスクロールしてみて、 scrollTop の値がどのように変わるかを確認してください。

HTML

<div id="container">
  <div id="scroller">
      <p>Far out in the uncharted backwaters of the unfashionable end
      of the western spiral arm of the Galaxy lies a small unregarded
      yellow sun. Orbiting this at a distance of roughly ninety-two million
      miles is an utterly insignificant little blue green planet whose
      ape-descended life forms are so amazingly primitive that they still
      think digital watches are a pretty neat idea.</p>
  </div>
</div>

<div id="output">scrollTop: 0</div>

CSS

#scroller {
  overflow: scroll;
  height: 150px;
  width: 150px;
  border: 5px dashed orange;
}

#output {
  padding: 1rem 0;
}

JavaScript

const scroller = document.querySelector("#scroller");
const output = document.querySelector("#output");

scroller.addEventListener("scroll", event => {
  output.textContent = `scrollTop: ${scroller.scrollTop}`;
});

結果

仕様書

Specification
CSSOM View Module
# dom-element-scrolltop

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報