Element: keyup イベント

keyup イベントは、キーが離されたときに発生します。

keydownkeyup イベントは、どのキーが押されたかを示すコードを提供し、 keypress はどの文字が入力されたかを示します。例えば、小文字の "a" は keydownkeyup では 65 と報告され、 keypress では 97 と報告されます。大文字の "A" は、どのイベントでも 65 と報告されます。

Firefox 65 以降では、CJKT ユーザーのブラウザー間の互換性を高めるために、 keyup および keydown イベントが IME 変換中に発行されるようになりました(バグ 354358)。変換操作中の keyup イベントをすべて無視するには、次のようにしてください (229 は、IME によって処理されたイベントに関連する keyCode に設定される特別な値です)。

eventTarget.addEventListener("keyup", event => {
  if (event.isComposing || event.keyCode === 229) {
    return;
  }
  // 何かを行う
});

構文

イベント名を addEventListener() などのメソッドで使用したり、イベントハンドラープロパティを設定したりします。

addEventListener('keyup', (event) => {});

onkeyup = (event) => { };

イベント型

KeyboardEvent です。 Event から継承しています。

Event UIEvent KeyboardEvent

イベントプロパティ

このインターフェイスには親である UIEventEvent から継承したプロパティもあります。

KeyboardEvent.altKey 読取専用

論理値で、このキーイベントが発生した際に Alt (macOS の場合は Option または )キーが押されていれば true を返します。

KeyboardEvent.code 読取専用

文字列で、このイベントが表す物理キーのコード値を返します。

警告: これはユーザーのキーボードレイアウトを無視します。つまり、ユーザーが QWERTY キーボードレイアウトの "Y" の位置(ホーム行の上の行の中央付近)でキーを押した場合、ユーザーが QWERTZ キーボード(これはユーザーが "Z" を期待し、他のすべてのプロパティが "Z" を示すことになる)または Dvorak キーボードレイアウト(これはユーザーが "F" を期待する)であっても、常に "KeyY" を返します。ユーザーに正しいキーストロークを表示したい場合は、 Keyboard.getLayoutMap() (en-US) を使用してください。

KeyboardEvent.ctrlKey 読取専用

論理値で、そのキーイベントが発生した際に Ctrl キーが押されていれば true を返します。

KeyboardEvent.isComposing 読取専用

論理値で、このイベントが compositionstartcompositionend の間に発生したものであれば true を返します。

KeyboardEvent.key 読取専用

文字列で、このイベントが表すキーのキー値を表します。

KeyboardEvent.locale 読取専用

文字列で、キーボードに設定されているロケールを示すロケール文字列を返します。ブラウザーや端末がキーボードのロケールを知らない場合は空文字列となります。

メモ: このプロパティは入力データのロケールを表すわけではありません。例えば、ユーザーが使用するキーボードレイアウトと入力テキストとで言語が異なる場合があります。

KeyboardEvent.location 読取専用

数値で、キーボードなどの入力機器上のキーの位置を表す値を返します。位置を特定する定数の一覧は、上記のキーボード上の位置にあります。

KeyboardEvent.metaKey 読取専用

論理値で、このキーイベントが発生した際に Meta キー(Mac キーボードでは ⌘ Command キー、 Windows キーボードでは Windows キー ())が押されていれば true を返します。

KeyboardEvent.repeat 読取専用

論理値で、このキーが押し続けられて自動リピートしている場合に true を返します。

KeyboardEvent.shiftKey 読取専用

論理値で、このキーイベントが発生した際に Shift キーが押されていれば true を返します。

addEventListener による keyup の例

この例では、 <input> 要素内でキーを離すたびに、 KeyboardEvent.code 値を記録します。

<input placeholder="ここをクリックして、キーを押して離してください。" size="40">
<p id="log"></p>
const input = document.querySelector('input');
const log = document.getElementById('log');

input.addEventListener('keyup', logKey);

function logKey(e) {
  log.textContent += ` ${e.code}`;
}

onkeyup による同等の例

input.onkeyup = logKey;

仕様書

Specification
UI Events
# event-type-keyup
HTML Standard
# handler-onkeyup

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報