Element.matches()

matches() メソッドは、その要素 (Element) が指定された selectorString によって選択されるかをチェックします。言い換えれば、要素「が」セレクターであることをチェックします。

構文

var result = element.matches(selectorString);

引数

selectorString は、テストするためのセレクターを表す文字列です。

返値

resultBoolean です。

例外

SYNTAX_ERR
指定されたセレクター文字列が無効である場合。

<ul id="birds">
  <li>Orange-winged parrot</li>
  <li class="endangered">Philippine eagle</li>
  <li>Great white pelican</li>
</ul>

<script type="text/javascript">
  var birds = document.getElementsByTagName('li');

  for (var i = 0; i < birds.length; i++) {
    if (birds[i].matches('.endangered')) {
      console.log('The ' + birds[i].textContent + ' is endangered!');
    }
  }
</script>

要素が実際に値 endangered 持つ class 属性を持つので、これは、コンソールのログに "The Philippine eagle is endangered!" と表示されます。

ポリフィル

Element.matches()Element.matchesSelector() には対応していないが、 document.querySelectorAll() には対応しているブラウザーには、ポリフィルが存在します。

if (!Element.prototype.matches) {
  Element.prototype.matches =
      Element.prototype.matchesSelector ||
      Element.prototype.mozMatchesSelector ||
      Element.prototype.msMatchesSelector ||
      Element.prototype.oMatchesSelector ||
      Element.prototype.webkitMatchesSelector ||
      function(s) {
        var matches = (this.document || this.ownerDocument).querySelectorAll(s),
            i = matches.length;
        while (--i >= 0 && matches.item(i) !== this) {}
        return i > -1;
      };
}

しかし、古いブラウザーに対応することの実用性を考えると、実用的なケース (言い換えると IE9 以降の対応) ではほとんどの場合 (全部ではない)、次のもので十分です。

if (!Element.prototype.matches) {
  Element.prototype.matches = Element.prototype.msMatchesSelector ||
                              Element.prototype.webkitMatchesSelector;
}

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Element.prototype.matches の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報