element.removeAttributeNS

<breadcrumbs></breadcrumbs>

このページは翻訳中です。
翻訳作業に参加する場合は、履歴にある翻訳者と連絡·調整してください。

== Summary ==

概要

<code>removeAttributeNS</code> removes the specified attribute from an element. removeAttributeNS 要素から指定の属性を取り除きます。

In Firefox 3 and later, this method resets DOM values to their defaults. Firefox 3以降ではこのメソッドはDOMの値をデフォルト値にリセットします。

== Syntax ==

構文

element.removeAttributeNS(namespace,attrName);

* <code>namespace</code> is a string that contains the namespace of the attribute. * <code>attrName</code> is a string that names the attribute to be removed from the current node.

  • namespace は属性の名前空間を含んでいる文字列です。
  • attrName は現在のノードから取り除く属性の名前を表す文字列です。

== Example ==

// <div id="div1" xmlns:special="http://www.mozilla.org/ns/specialspace"
//      special:specialAlign="utterleft" width="200px" /> 
d = document.getElementById("div1"); 
d.removeAttributeNS("http://www.mozilla.org/ns/specialspace", "specialAlign"); 
// now: <div id="div1" width="200px" />

== Notes ==

注記

DOM メソッドは要素の属性を取り扱います。

名前空間に無関係、
最も一般的に使用されるメソッド
名前空間に限定される変数
(DOM Level 2)
Attr ノードを直接扱う DOM レベル 1 のメソッド
(ほとんど使用されない)
Attr ノードを直接扱う DOM レベル 2 名前空間に限定されるメソッド
(ほとんど使用されない)
setAttribute (DOM 1) setAttributeNS setAttributeNode setAttributeNodeNS
getAttribute (DOM 1) getAttributeNS getAttributeNode getAttributeNodeNS
hasAttribute (DOM 2) hasAttributeNS - -
removeAttribute (DOM 1) removeAttributeNS removeAttributeNode -

== Specification ==

仕様

DOM Level 2 Core: removeAttributeNS

 

 

 

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, khalid32, trevorh, Ryotakano
最終更新者: khalid32,