Join MDN and developers like you at Mozilla's View Source conference, 12-14 September in Berlin, Germany. Learn more at https://viewsourceconf.org

element.getAttributeNodeNS

このページは翻訳中です。
翻訳作業に参加する場合は、履歴にある翻訳者と連絡·調整してください。

== Summary ==

概要

Returns the <code>Attr</code> node for the attribute with the given namespace and name. getAttributeNodeNS は指定の名前空間と名前の属性に対する Attr ノードを返します。

== Syntax ==

構文

attributeNode = element.getAttributeNodeNS(namespace, nodeName) 

* <code>attributeNode</code> is the node for specified attribute. * <code>namespace</code> is a string specifying the namespace of the attribute. * <code>nodeName</code> is a string specifying the name of the attribute.

  • attributeNode は指定された属性に対するノードです。
  • namespace は属性の名前空間を特定する文字列です。
  • nodeName は属性の名前を指定する文字列です。

 

== Example == == 例 == TBD The example needs to be fixed TBD この例は修正の必要があります。 <pre> // html: <div id="top" /> t = document.getElementById("top"); specialNode = t.getAttributeNodeNS( "http://www.mozilla.org/ns/specialspace", "id"); // iNode.value = "full-top" </pre>

== Notes ==

注記

<code>getAttributeNodeNS</code> is more specific than getAttributeNode in that it allows you to specify attributes that are part of a particular namespace. The corresponding setter method is setAttributeNodeNS. getAttributeNodeNS は特定の名前空間の一部である属性を指定できるという点で getAttributeNodeより特殊です。対応するsetterメソッドはsetAttributeNodeNSです。

DOM メソッドは要素の属性を取り扱います。

名前空間に無関係、
最も一般的に使用されるメソッド
名前空間に限定される変数
(DOM Level 2)
Attr ノードを直接扱う DOM レベル 1 のメソッド
(ほとんど使用されない)
Attr ノードを直接扱う DOM レベル 2 名前空間に限定されるメソッド
(ほとんど使用されない)
setAttribute (DOM 1) setAttributeNS setAttributeNode setAttributeNodeNS
getAttribute (DOM 1) getAttributeNS getAttributeNode getAttributeNodeNS
hasAttribute (DOM 2) hasAttributeNS - -
removeAttribute (DOM 1) removeAttributeNS removeAttributeNode -

== Specification ==

仕様

DOM Level 2 Core: getAttributeNodeNS

 

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, khalid32, Ryotakano
 最終更新者: khalid32,