Element: contentvisibilityautostatechange イベント

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

contentvisibilityautostatechange イベントは、content-visibility: auto が設定されている要素に対して、ユーザーとの関連コンテンツをスキップを開始または停止するときに発行されます。

要素が関係ない間(開始イベントと終了イベントの間)、ユーザーエージェントはレイアウトや描画を含む要素の描画をスキップし、ページの描画速度を大幅に向上させることができます。 contentvisibilityautostatechange イベントは、アプリのコードがレンダリング処理(例えば <canvas> への描画)を不要なときに開始または停止する方法を提供します。

非表示になっても要素のコンテンツは意味づけされたままなので(例えば支援技術ユーザーにとって)、この指示は重要な意味づけされた DOM の更新をスキップするために使用すべきではありません。

構文

このイベント名を addEventListener() 等のメソッドで使用するか、イベントハンドラープロパティを設定するかしてください。

js
addEventListener("contentvisibilityautostatechange", (event) => {});
oncontentvisibilityautostatechange = (event) => {};

メモ: イベントオブジェクトの型は ContentVisibilityAutoStateChangeEvent (en-US) です。

js
const canvasElem = document.querySelector("canvas");

canvasElem.addEventListener("contentvisibilityautostatechange", stateChanged);
canvasElem.style.contentVisibility = "auto";

function stateChanged(event) {
  if (event.skipped) {
    stopCanvasUpdates(canvasElem);
  } else {
    startCanvasUpdates(canvasElem);
  }
}

// Call this when the canvas updates need to start.
function startCanvasUpdates(canvas) {
  // …
}

// Call this when the canvas updates need to stop.
function stopCanvasUpdates(canvas) {
  // …
}

仕様書

Specification
CSS Containment Module Level 2
# content-visibility-auto-state-change

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報