HTMLElement: pointercancel イベント

pointercancel イベントは、これ以上ポインターイベントが発行されそうにないとブラウザーが判断したとき、または pointerdown イベントが発行された後に、ポインターを使用してパン、ズーム、スクロールなどのビューポートの操作が行われた場合に発行されます。

バブリング あり
キャンセル 不可
インターフェイス PointerEvent
イベントハンドラープロパティ onpointercancel

pointercancel イベントを発行させる状況の例

  • ポインターの活動をキャンセルするハードウェアイベントが発生した。これには、例えば、ユーザーがアプリ切り替えインターフェイスやモバイル端末の「ホーム」ボタンを使用して、アプリケーションを切り替えようとした場合です。
  • ポインターがアクティブなときに、端末の画面の向きが変わった。
  • ブラウザーが、ユーザーが誤ってポインター入力を開始したと判断した。これは、例えば、スタイラスを使用しているときに誤って画面上に手を置いたときに起動しないようにする、ハードウェアが手のひら拒否に対応している場合に発生する可能性があります。
  • CSS の touch-action プロパティが、入力の続行を拒否した場合。

Note: pointercancel イベントが発生した後、ブラウザーは pointerout とそれに続く pointerleave も送信します。

addEventListener() を使用する場合

const para = document.querySelector('p');

para.addEventListener('pointercancel', (event) => {
  console.log('ポインターイベントがキャンセルされた');
});

onpointercancel イベントハンドラープロパティを使用する場合

const para = document.querySelector('p');

para.onpointercancel = (event) => {
  console.log('ポインターイベントがキャンセルされた');
};

仕様書

Specification
Pointer Events
# the-pointercancel-event

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報