Document: pointercancel イベント

pointercancel イベントは、ブラウザーがもうポインターイベントが存在しないと判断したとき、または pointerdown イベントが発生した後で、ポインターがビューポートのパン、ズーム、スクロールを操作するために使用されたときに発生します。

バブリング あり
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス PointerEvent
イベントハンドラープロパティ onpointercancel

pointercancel イベントが発生する状況の例をいくつか示します。

  • ポインターの操作を中止するハードウェアイベントが発生した場合。例えば、アプリケーションスイッチャーインターフェイスやモバイル端末の「ホーム」ボタンを使用してアプリケーションを切り替えた場合などです。
  • ポインターが活動中に端末の画面の向きが変化した場合。
  • ユーザーが突然、ポインターの入力を始めたとブラウザーが判断した場合。これが発生するのは、例えば、スタイラスを使用中に画面上で手が反応するのを防ぐために掌を除外して予期せずイベントを起動することを防ぐことに、ハードウェアが対応している場合などです。
  • CSS の touch-action プロパティが、入力の継続を防止している場合。

pointercancel イベントの発生後、ブラウザーは pointerout イベントと、続いて pointerleave イベントを送信します。

addEventListener() の使用例:

document.addEventListener('pointercancel', (event) => {
  console.log('Pointer event cancelled')
});

onpointercancel イベントハンドラープロパティの使用例:

document.onpointercancel = (event) => {
  console.log('Pointer event cancelled')
};

仕様書

仕様書 状態
Pointer Events 廃止

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報