MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

Document.exitFullscreen()

Document.exitFullscrean() は、ドキュメントのフルスクリーンモードを終了するメソッドです。これは、Element.requestFullscreen() メソッドを呼び出してドキュメント内の要素を全画面表示する効果を破棄するために使用します。

注記: 現在の要素を全画面表示にする前に別の要素を全画面表示にしていた場合は、前の要素が全画面表示に戻ります。このために、全画面表示の要素の "積み重ね" をブラウザが管理しています。

構文

document.exitFullscreen();

// フルスクリーンモードを切り替える
document.onclick = function (event) { 
  if (document.fullscreenElement) { 
    document.exitFullscreen() 
  } else { 
    document.documentElement.requestFullscreen() 
  } 
};

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Fullscreen API
Document.exitFullscreen() の定義
現行の標準 最初期の定義

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート ? 9.0 (9.0)[1] mozCancelFullScreen として
47.0 (47.0)[1] (full-screen-api.unprefix.enabled で制御)
? ? ?
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? 9.0 (9.0)[1] mozCancelFullScreen として
47.0 (47.0)[1] (full-screen-api.unprefix.enabled で制御)
? ? ?

[1] ある要素のフルスクリーンモードを取り消すと以前の要素を自動的にフルスクリーンモードにすることを可能にする、フルスクリーンモードの "積み重ね" は Gecko 11.0 (Firefox 11.0 / Thunderbird 11.0 / SeaMonkey 2.8) で実装しました。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,