Document: lostpointercapture イベント

lostpointercapture イベントは、ポインターのキャプチャが解放されたときに発生します。

バブリング なし
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス PointerEvent
イベントハンドラープロパティ onlostpointercapture

この例は lostpointercapture イベントを待ち受けし、 pointerdown でその要素のためにポインターをキャプチャします。後でユーザーがポインターを解放したとき、 lostpointercapture イベントが発生します。

const para = document.querySelector('p');

document.addEventListener('lostpointercapture', () => {
  console.log('I\'ve been released!')
});

para.addEventListener('pointerdown', (event) => {
  para.setPointerCapture(event.pointerId);
});

同じ例ですが、 onlostpointercapture イベントハンドラーを使用して行います。

const para = document.querySelector('p');

document.onlostpointercapture = () => {
  console.log('I\'ve been released!')
};

para.addEventListener('pointerdown', (event) => {
  para.setPointerCapture(event.pointerId);
});

仕様書

仕様書 状態
Pointer Events 廃止された

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報