ブロック整形文脈

概要

ブロック整形文脈 (block format context)は、CSS の視覚的なウェブページ生成の一部です。その中でブロックボックスのレイアウトが行われ、フロート同士が相互に作用します。

次のうちのいずれかにより、ブロック整形文脈が作られます:

  • ルート要素もしくはそれを含むもの
  • フロート(floatnone 以外である要素)
  • 絶対位置指定された要素(positionabsolute または fixed である要素)
  • インラインブロック(display: inline-block である要素)
  • 表のセル(display: table-cell を持つ要素。これはHTMLの表のセルのデフォルトです)
  • 表のキャプション(display: table-caption を持つ要素。HTMLの、表のキャプションのデフォルトです)
  • overflowvisible 以外である要素
  • フレックスボックス(display flex または inline-flex である要素)

ブロック整形文脈に含まれるのは、それを作った要素の内側にあるもののうち、新しいブロック整形文脈を作るような子孫要素の内側にあるものを除く、すべてです。

ブロック整形文脈は、フロートの位置決め(floatを参照)と解除(clearを参照)にとって重要です。フロートの位置決めと解除のルールは、同一のブロック整形文脈にあるものにだけ適用されます。フロートは他のブロック整形文脈にあるもののレイアウトには影響せず、clear は同一のブロック整形文脈内の、それより前にあるフロートだけを解除します。

仕様書

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Uemmra3, ethertank, sosleepy
 最終更新者: Uemmra3,