:user-valid (:-moz-ui-valid)

:user-valid は CSS の擬似クラスで、制約検証に基づき値の検証が正しく行われた有効なフォーム要素を表します。ただし、 :valid とは異なり、ユーザーが操作した後にのみ一致します。

Note: この擬似クラスは標準外の :-moz-ui-valid 擬似クラスと同じように動作します。

この擬似クラスは、以下の基準に則って適用されます。

  • そのコントロールにフォーカスがなく、値が有効な場合は、この擬似クラスが適用されます。
  • そのコントロールにフォーカスがあり、フォーカスを受けた時点でその値が有効であった場合(空欄の場合も含む)、この擬似クラスが適用されます。
  • そのコントロールにフォーカスがあり、フォーカスを受けた時点でその値が無効であった場合、キーを入力するごとに再検証が行われます。
  • その要素が必須 (required) であった場合は、ユーザーが値を変更した場合、またはフォームを送信しようとした場合にのみ適用されます。

その結果、ユーザーがコントロールを操作し始めたときに有効であった場合、ユーザーが他のコントロールにフォーカスを移したときにのみ、有効性のスタイルが変更されることになります。しかし、ユーザーが以前にフラグを立てた値を修正しようとしている場合、その値が有効になるとコントロールは直ちに表示されます。必須項目は、ユーザーが変更した場合、または変更されていない無効な値を送信しようとした場合にのみ、無効であるとフラグが立てられます。

構文

Error: could not find syntax for this item

:user-valid で色と記号を設定

次の例では、緑の境界と✅が、ユーザーがフィールドを操作した後にのみ表示されます。 メールアドレスを他の有効なメールに変更して、その動作を確認してみてください。

<form>
  <label for="email">Email *: </label>
  <input id="email" name="email" type="email" value="test@example.com" required>
  <span></span>
</form>
input:user-valid {
  border: 2px solid green;
}

input:user-valid + span::before {
  content: '✓';
  color: green;
}

仕様書

Specification
Selectors Level 4
# user-valid-pseudo

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報