@scroll-timeline

@scroll-timeline は CSS のアットルールで、分や秒ではなく、スクロールコンテナー内のスクロールの進行状況によって時間値を決定する AnimationTimeline (en-US) を定義するものです。アニメーションタイムラインは CSS アニメーションanimation-timeline プロパティによってと関連付けられます。

構文

@scroll-timeline moveTimeline {
  source: auto;
  orientation: vertical;
  scroll-offsets: 0px, 500px;
}

custom-ident

スクロールタイムラインを識別する名前です。この名前はスクロールタイムラインを animation-timeline プロパティで指定する際に使用されます。

source

スクロール可能な要素で、そのスクロール位置がタイムラインの進捗を駆動します。以下のいずれかになります。

auto

現在のグローバル Window オブジェクト に関連付けられた Document です。

selector("id-selector")

要素の id で識別されるスクロールコンテナーです。

none

スクロールコンテナーが指定されていません。

orientation

スクロールタイムラインの向きです。

auto

既定の vertical となります。

block

書字方向に応じて、ブロック軸に沿ったスクロール位置を使用します。

inline

書字方向に応じて、インライン軸に沿ったスクロール位置を使用します。

horizontal

書字方向に関係なく、水平スクロール位置を使用します。

vertical

書字方向に関係なく、垂直スクロール位置を使用します。

scroll-offsets

スクロールタイムラインのスクロールオフセットを指定します。

none

スクロールオフセットを指定しません。

<length-percentage>

カンマで区切った <length-percentage> 値のリストです。

<element-offset>

スクロールオフセットを定める要素の位置です。offset.

解説

スクロールタイムラインを使用するには、 @scroll-timeline ルールを作成します。これは animation-timeline プロパティによって、アニメーションのタイムラインをそのタイムライン宣言と照合するために使われます。

それぞれの @scroll-timeline ルールには、スクロールタイムラインのソース、方向、スクロールオフセットを決定するためのプロパティが含まれています。

スクロールオフセット

scroll-offset プロパティは、スクロールの中でアニメーションが発生する場所を決定します。これは、 3 つの方法のうちの 1 つで設定することができます。

  1. CSS のキーワード none を使用します。これは scroll-offset が指定されないことを意味します。
  2. <length-percentage> の値のカンマ区切りのリストで決定します。それぞれの値は animation-duration に対して対応付けされます。例えば、 animation-duration2s で、スクロールオフセットが 0px, 30px, 100px に設定されている場合、 1s ではスクロールオフセットは 30px となります。通常、スムーズなスクロールアニメーションのためには、ここで 0px, 100px のような 2 つの値を使用します。
  3. スクロールオフセットを決定する 3 つ目の方法は、要素のオフセットを使用することです。これは、ページ内の要素を指定し、その位置によってスクロールタイムラインを決定し、その要素のどの端を使用するかを決定することを意味します。要素の指定は selector() 関数で行い、関数は要素の id を受け取ります。エッジはキーワード start または end によって決定されます。オプションで 0–1 の間の閾値を指定することができます。これは、 source に表示される要素のうち、どの程度の割合で表示されるかを表します。
@scroll-timeline element-move {
  source: auto;
  orientation: vertical;
  scroll-offsets: selector(#myElement) start 0, selector(#myElement) end 0;
}

形式文法

Error: could not find syntax for this item

単純な例

この例では、コンテナーが垂直方向にスクロールされると回転する正方形を表示します。スクロールできるように、高さが固定された要素 (#container) を作成します。これが source 要素です。

このコンテナーの中に、別の要素 (#square) を作成します。この要素は正方形のように見えるように適切なスタイルが設定されています。この要素には、 @keyframes ルールと animation-name プロパティを使用して、回転アニメーションを適用しています。

@scroll-timelinesquareTimeline という名前で作成し、source をコンテナー、orientationverticalscroll-offset0px から 300px (コンテナーの高さ)までに設定しています。そして、scroll-timeline プロパティを使用して、これを正方形に適用します。

HTML

<div id="container">
  <div id="square"></div>
</div>

CSS

#container {
  height: 300px;
}

#square {
  background-color: deeppink;
  width: 100px;
  height: 100px;
  margin-top: 100px;
  animation-name: rotateAnimation;
  animation-duration: 3s;
  animation-direction: alternate;
  animation-timeline: squareTimeline;
}

@scroll-timeline squareTimeline {
  source: selector("#container");
  orientation: "vertical";
  scroll-offsets: 0px, 300px;
}

@keyframes rotateAnimation {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}

結果

仕様書

Specification
Scroll-linked Animations
# scroll-timeline-at-rule

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報