この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

JavaScript コードモジュールは 複数の特権 JavaScript スコープにおいてコードを共有することを目的として導入されました。具体的には、Firefox 自身または拡張機能でのコードの重複を避けるために使用することができます。

These are not the same thing as standard JavaScript modules. See export and import to learn more about how to use standard modules.

一般的な事項

Using JavaScript code modules
JavaScript コードモジュールの使用方法についてのイントロダクション。
Component.utils.import
JavaScript コードモジュールのインポートの方法。
Component.utils.unload
JavaScript コードモジュールのアンロード方法。
Code snippets: Modules
コードモジュールの使い方の例。
Mozilla Labs JS Modules
このページには、拡張機能の開発者が彼らのコードで使用できる JavaScript  モジュール、ならびにダウンロードリンクとドキュメントの一覧が記載されています。

標準コードモジュール

AddonManager.jsm
アドオンのインストール、管理、アンインストールのためのインターフェイスです。
AddonRepository.jsm
アドオンリポジトリの検索を許容します。
Assert.jsm
Implements the CommonJS Unit Testing specification version 1.1, which provides a basic standardized interface for performing in-code logical assertions with optional, customizable error reporting.
ctypes.jsm
XPCOM コンポーネントの開発をせずに JavaScript のコードからネイティブライブラリを呼び出すためのインターフェイスを提供します。
CustomizableUI.jsm
Allows you to interact with customizable buttons and items in Firefox's main window UI.
DeferredTask.jsm
遅延の後にタスクを実行します。
Dict.jsm
キー・バリュー型の辞書の API を提供します。
DownloadLastDir.jsm
最後にダウンロードが行われたディレクトリへのパスを提供します。
Downloads.jsm
プラットフォームのダウンロード性能に影響するシングルエントリポイントを提供します。
FileUtils.jsm
ファイルを取り扱うヘルパーを提供します。
Geometry.jsm
座標点および矩形の基本的な幾何学的な操作を行うルーチンを提供します。
HTTP.jsm
A wrapper for XMLHttpRequest that provides convenient and simplified API for dealing with HTTP requests.
JNI.jsm 
Abstracts the js-ctypes to provide an interface that allows JavaScript code to call code running in native JVMs.
ISO8601DateUtils.jsm
JavaScript Date オブジェクトと ISO 8601 date 文字列を変換するルーチンを提供します。
Log.jsm (以前の log4moz)
Browser Console やディスク上のファイルなど、様々なエンドポイントへのログメッセージを記録するための log4j スタイルの API を提供します。
NetUtil.jsm
データを入力ストリームから出力ストリームに非同期で簡単にコピーする機能を含む、役に立つネットワークユーティリティ関数を提供します。
openLocationLastURL.jsm
ファイルメニューの "URL を開く" を用いて開かれた最後の URL にアクセスする手段を提供します。
osfile.jsm
JavaScript モジュールの OS.File にはファイルを操作するためのプリミティブが含まれます。
PerfMeasurement.jsm
低レベルのハードウェアアクセスおよび OS パフォーマンス測定ツールを提供します。
PluralForm.jsm
現在のロケールにおける正確な複数形を取得する簡単な方法と特定の複数形規則に沿ったローカライズ手段を提供します。
PopupNotifications.jsm
ユーザーに対してモーダルでない通知を表示する簡単な手段を提供します。
Promise.jsm
2013 年 4 月に提案された Promises/A+ を実装します。
PromiseWorker.jsm
A version of ChromeWorker which uses Promises to return the worker's result instead of using an event to do so.
Services.jsm
よく使われるサービスへのアクセスを便利に取得できるゲッターを提供します。
source-editor.jsm
ソースエディタはスタイルエディタなどの開発ツールで使用されます。このインターフェイスはエディタを実装し、使用者との間で相互に作用します。
Sqlite.jsm
mozIStorage/SQLite に対する Promise ベースの API です。
Task.jsm
JavaScript の yield 演算子の力を借りてシーケンシャルで非同期な操作を単純化する Task.js のサブセットを実装します。
Timer.jsm
window.setTimeout の純粋な JS 実装です。
Webapps.jsm
Provides an interface to manage Open Web Apps.
WebRequest.jsm
Provides an API to add event listeners for the various stages of making an HTTP request. The event listener receives detailed information about the request, and can modify or cancel the request.
XPCOMUtils.jsm
JS コンポーネントローダーによって読み込まれる JavaScript コンポーネントのためのユーティリティを含みます。

 

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Uemmra3, lv7777, Marsf, tomatoma, ethertank, saneyuki_s, drry
 最終更新者: Uemmra3,