ここへジャンプ:

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

概要

:-moz-locale-dir(ltr) CSS 擬似クラスは、ユーザインタフェースが左から右方向に表示される場合に、要素にマッチします。これは intl.uidirection.localelocale の部分は現在のロケール)設定が "ltr" に設定されているかによって決定されます。

この擬似クラスにより、拡張機能(およびテーマ)をユーザのロケールに応じて、簡単にユーザインタフェースを適合させることができます。これは、ウィンドウとウィンドウ、タブとタブの間で、ロケールに応じて変えることができます。また、拡張機能がユーザのデフォルトロケールに対応しなくても動作させることができるため、ロケールの仕様を気にしなくても、左から右方向、右から左方向の両方のレイアウトに対応できます。

このセレクタは HTML では正しく機能しません。UI ロケールが左から右方向か、右から左方向かに関わらず、常にマッチします。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mitsuba-clover, teoli, ethertank, Marsf
最終更新者: mitsuba-clover,