MediaSource

Experimental

これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

MediaSourceインターフェイスは、HTMLMediaElementのデータを扱っています。MediaSourceをオブジェクトは、ユーザが再生するHTMLMediaElementにつけることができます。

プロパティ

EventTargetからプロパティを継承しています。

MediaSource.sourceBuffers読取専用
SourceBufferListから成り立っています。
MediaSource.activeSourceBuffers 読取専用
SourceBufferList から成り立っています。
MediaSource.readyState 読取専用
値を列挙します。
MediaSource.duration
浮動小数点型です。

コンストラクタ

MediaSource() 読取専用
コンストラクタはソースバッファと関連しないMediaSourceオブジェクトを返します

Staticなメソッド

MediaSource.isTypeSupported()
与えられたMIMEタイプが完全に実行できるかどうかのBoolean型を返します。

メソッド

親インターフェイスEventTargetから、プロパティを継承しています。

MediaSource.addSourceBuffer()
MediaSource オブジェクトに関連づけて作成し、 ,  SourceBuffer に与えられたMIMEタイプを返します。
MediaSource.removeSourceBuffer()
メディアソースオブジェクトから、与えられた SourceBuffer を削除します。
MediaSource.endOfStream()
ストリームの終わりを合図します。最後にはerrorを発するでしょう。

仕様書

Specification Status Comment
Media Source Extensions
MediaSource の定義
勧告 Initial definition.

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

関連項目