Document.origin

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

代わりに self.origin を使用してください。

Document.origin は読み取り専用プロパティで、文書のオリジンを返します。ほとんどの場合、このプロパティは document.defaultView.location.origin と等価です。

構文

var origin = document.origin;

var origin = document.origin;
// このページでは、 'https://developer.mozilla.org' を返します

var origin = document.origin;
// "about:blank" では 'null' を返します

var origin = document.origin;
// "data:text/html,<b>foo</b>" では、 'null' を返します。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報