Document.origin

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Document.origin は読み取り専用プロパティで、文書のオリジンを返します。ほとんどの場合、このプロパティは document.defaultView.location.origin と等価です。

構文

var origin = document.origin;

var origin = document.origin; 
// このページでは、 'https://developer.mozilla.org' を返します

var origin = document.origin; 
// "about:blank" では 'null' を返します

var origin = document.origin; 
// "data:text/html,<b>foo</b>" では、 'null' を返します。

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Document.origin の定義
現行の標準 初回定義
HTML Living Standard
origin for various objects (including Document objects) の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
originChrome 未対応 41 — 71Edge ? Firefox 未対応 なしIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 未対応 41 — 71Chrome Android 未対応 41 — 71Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報