Document.origin

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

メモ: 代わりに self.origin を使用してください。

Document.origin は読み取り専用プロパティで、文書のオリジンを返します。ほとんどの場合、このプロパティは document.defaultView.location.origin と等価です。

この文書のオリジンを示す文字列です。

var origin = document.origin;
// このページでは、 'https://developer.mozilla.org' を返します

var origin = document.origin;
// "about:blank" では 'null' を返します

var origin = document.origin;
// "data:text/html,<b>foo</b>" では、 'null' を返します。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報