Math.LOG2E

概要

2 を底とした E の対数。約 1.442 です。

詳細

LOG2E は、静的なプロパティなので、自ら生成した Math オブジェクトのプロパティとしてではなく、常に、Math.LOG2E として使用するようにしてください。

例: Math.LOG2E の使用

以下の関数は、2 を底とした E の対数を返します:

function getLog2e() {
   return Math.LOG2E
}

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: teoli, ethertank, Potappo
 最終更新者: teoli,