MediaStreamインタフェースのactiveは読み取り専用のプロパティいであり、ストリームが現在アクティブであればtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。少なくとも一つのトラックの状態がMediaStreamTrack.endedでない場合、ストリームがアクティブであるとみなされます。すべでのトラックが終了すると、このストリームのactiveプロパティはfalseになります。

文法

var isActive = MediaStream.active;

このストリームが現在アクティブな場合はtrueを返します。それ以外はfalseを返します。

この例では、getUserMedia()を用いて、要求されたユーザーのローカルのカメラとマイクロフォンをソースとする新しいストリームを取得しています。ストリームが有効になると(ここでは、Promiseがfulfilledの状態になった時)、ストリームが現在アクティブであるかどうかに応じてページにあるボタンの状態が更新されます。

var promise = navigator.mediaDevices.getUserMedia({ 
  audio: true, 
  video: true 
});

promise.then(function(stream) {
  var startBtn = document.querySelector('#startBtn');
  startBtn.disabled = stream.active; 
};)

仕様

仕様 状況 コメント
Media Capture and Streams
active の定義
勧告候補 初版

ブラウザ互換性

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

Feature Chrome Firefox (Gecko) Microsoft Edge Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
Basic support (有) 52 (52) ? ? ? ?
Feature Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
Basic support 未サポート (有) 52.0 (52) ? ? ? ? (有)

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: e53e04ac
最終更新者: e53e04ac,