Date.prototype.setUTCSeconds()

setUTCSeconds() メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を設定します。

構文

dateObj.setUTCSeconds(secondsValue[, msValue])

引数

secondsValue
「秒」を表す 0 から 59 までの間の整数値。
msValue
任意。ミリ秒を表す 0 から 999 までの間の整数値。

返値

協定世界時 (UTC) 1970 年 1 月 1 日 00:00:00 から更新された日時までの間のミリ秒単位の数値。

解説

msValue 引数を指定しない場合、getUTCMilliseconds() メソッドから返される値が使われます。

指定した値が期待される日時の範囲外の場合、それに応じて setUTCSeconds()Date オブジェクトの日付情報の更新を試みます。例えば、secondsValue に 100 を指定した場合、分に 1 加算され、秒が 40 になります。

setUTCSeconds() の使用

var theBigDay = new Date();
theBigDay.setUTCSeconds(20);

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.setUTCSeconds の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報