getTimezoneOffset() メソッドは、(ホストシステム上における)現在のロケールから協定世界時 (UTC) までのタイムゾーンの差を分単位で返します。

構文

dateObj.getTimezoneOffset()

戻り値

ホストシステム上の現在の日付から協定世界時 (UTC) までの分単位のタイムゾーンオフセットを表す数値です。

説明

タイムゾーンオフセットは、地方時から協定世界時 (UTC) までの間の分単位の差です。このオフセットは、地方時が UTC より遅れている時刻の場合は正の数になり、進んでいる時刻の場合は負の数になることを意味します。例えば、タイムゾーンが UTC+10:00(オーストラリア東部標準時、ロシアのウラジオストク時、チャモロ標準時)の場合、-600 が返されます。

現在のロケール UTC-8 UTC UTC+3
戻り値 480 0 -180

返されるタイムゾーンオフセットは呼ばれた Date で適用されているものです。ホストシステムで夏時間が設定されている場合、Date が表す日時と夏時間が適用される日時によって、オフセットが変わります。

getTimezoneOffset() を使う

// Get current timezone offset for host device
var x = new Date();
var currentTimeZoneOffsetInHours = x.getTimezoneOffset() / 60;
// 1

// Get timezone offset for International Labour Day (May 1) in 2016
// Be careful, the Date() constructor uses 0-indexed month so May is
// represented with 4 (and not 5)
var labourDay = new Date(2016, 4, 1)
var labourDayOffset = labourDay.getTimezoneOffset() / 60;

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.0 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.getTimezoneOffset の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.getTimezoneOffset の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Date.prototype.getTimezoneOffset の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 5Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: segayuu, Marsf, teoli, ethertank, hateka
最終更新者: segayuu,