Date.prototype.toTimeString()

toTimeString() メソッドは、英語の人間が読める形式で Date オブジェクトの「時刻」部を返します。

構文

dateObj.toTimeString()

返値

英語の人間が読める形式で、与えられた日付の「時刻」部を表す文字列を返します。

解説

Date インスタンスは特定の時点を参照します。toString() を呼び出すと、英語の人間が読める形式の日付を返します。SpiderMonkey では、この文字列は「日付」部 (日、月、年) と続く「時刻」部 (時、分、秒、タイムゾーン) から成ります。時々、時刻の文字列を得たいことがあるでしょう。そのような場合に、toTimeString() メソッドが使えます。

ECMA-262 に従って実装されたエンジンは、Date オブジェクトに対して toString() メソッドから得られる文字列と異なることがあるため、toTimeString() メソッドは特に役立ちます。その文字列の表記は実装依存であり、単純に文字列を切り出す方法では、複数のエンジンで一貫した結果を得られない可能性があります。

toTimeString() の基本的な使い方

var d = new Date(1993, 6, 28, 14, 39, 7);

console.log(d.toString());     // Wed Jul 28 1993 14:39:07 GMT-0600 (PDT)
console.log(d.toTimeString()); // 14:39:07 GMT-0600 (PDT)

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.toTimeString の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報