Date.prototype.toLocaleDateString()

toLocaleDateString() メソッドは、この Date オブジェクトの「日付」部を表す言語に依存した文字列を返します。新しい locales 引数と options 引数により、アプリケーションは、使用される書式変換の言語の指定や、関数の振る舞いのカスタマイズができます。古い実装のアプリケーションは、locales 引数と options 引数を無視します。使用されるロケールや返される文字列の書式は、完全に実装依存です。

構文

dateObj.toLocaleDateString([locales[, options]])

引数

locales 引数と options 引数をサポートしているブラウザーは、ブラウザーの実装状況 セクションを確認してください。機能が使用できるかどうかは、locales 引数と options 引数がサポートされているか確認するで確認してください。

See the Intl.DateTimeFormat() constructor for details on these parameters and how to use them.

日時のそれぞれの部分ののプロパティにおける既定値は、undefinedです。ただし、weekdayyearmonthday プロパティがすべて undefined のときは、yearmonthday"numeric" とみなされます。

返値

与えられた Date インスタンスの「日付」部を表す、言語特有の慣習による文字列。

性能

大量の日付を書式化する場合は、 Intl.DateTimeFormat オブジェクトを生成してその format プロパティで提供される関数を使用したほうが得策です。

toLocaleDateString() の使用

ロケールを指定しない基本的な使い方では、既定のロケールと既定のオプションによる書式の文字列が返されます。

var date = new Date(Date.UTC(2012, 11, 12, 3, 0, 0));

// toLocaleDateString() に引数を与えなければ実装に依存し、
// 既定のロケールとタイムゾーンを返す
console.log(date.toLocaleDateString());
// → "12/11/2012" : アメリカ/ロサンゼルスのタイムゾーンの en-US ロケールで実行した場合

locales と options の各引数に対応しているか確認する

locales および options 引数は、まだすべてのブラウザーが対応しているわけではありません。これらが実装されているかどうかをチェックするには、不適切な言語タグを与えると RangeError 例外で拒否されるという要件を使用することができます。

function toLocaleDateStringSupportsLocales() {
  try {
    new Date().toLocaleDateString('i');
  } catch (e) {
    return e.name !== 'RangeError';
  }
  return true;
}

locales の使用

この例では、国ごとに異なる日付書式を示します。アプリケーションのユーザーインターフェイスで使用されている言語の書式を得るには、 locales 引数でその言語 (あるいはフォールバック先の言語) を指定してください。

var date = new Date(Date.UTC(2012, 11, 20, 3, 0, 0));

// 以下の書式はその地域のタイムゾーンとロケールを想定
// 米国のアメリカ大陸/ロサンゼルス

// 米国英語は月-日-年の順
console.log(date.toLocaleDateString('en-US'));
// → "12/19/2012"

// 英国英語は日-月-年の順
console.log(date.toLocaleDateString('en-GB'));
// → "20/12/2012"

// 韓国は年-月-日の順
console.log(date.toLocaleDateString('ko-KR'));
// → "2012. 12. 20."

// Event for Persian, It's hard to manually convert date to Solar Hijri
console.log(date.toLocaleDateString('fa-IR'));
// → "۱۳۹۱/۹/۳۰"

// 多くのアラビア語圏ではアラビア数字
console.log(date.toLocaleDateString('ar-EG'));
// → "٢٠‏/١٢‏/٢٠١٢"

// 日本語では、アプリケーションは元号を用いることがある
// 2012 年は平成 24 年
console.log(date.toLocaleDateString('ja-JP-u-ca-japanese'));
// → "24/12/20"

// 対応していない可能性のある言語を要求した場合、例えば
// バリ語とし、フォールバック言語にインドネシア語を指定した場合
console.log(date.toLocaleDateString(['ban', 'id']));
// → "20/12/2012"

options の使用

toLocaleDateString() メソッドから得られる結果は、 options 引数でカスタマイズできます。

var date = new Date(Date.UTC(2012, 11, 20, 3, 0, 0));

// 曜日を加えて月とともに長い書式で表す
var options = { weekday: 'long', year: 'numeric', month: 'long', day: 'numeric' };
console.log(date.toLocaleDateString('de-DE', options));
// → "Donnerstag, 20. Dezember 2012"

// アプリケーションで UTC を用いてそれを示したい場合
options.timeZone = 'UTC';
options.timeZoneName = 'short';
console.log(date.toLocaleDateString('en-US', options));
// → "Thursday, December 20, 2012, GMT"

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報