Date.prototype.getUTCSeconds()

getUTCSeconds() メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を返します。

試してみましょう

構文

getUTCSeconds()

返値

数値です。 もし Date オブジェクトが有効な日時を表している場合は、0 から 59 までの整数で、指定された日時の世界時での秒の値を表します。 それ以外の場合は、Date オブジェクトが有効な日時を表していなければ NaN が返されます。

getUTCSeconds() の使用

次の例は、現在日時の「秒」部を変数 seconds に代入します。

const today = new Date();
const seconds = today.getUTCSeconds();

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-date.prototype.getutcseconds

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報