getDay() メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「曜日」を返します。0 は日曜日を表します。「日」を取得する方法は getDate() をご覧ください。

構文

dateObj.getDay()

戻り値

地方時に基づき、与えた日付の曜日に相当する整数値。0 は日曜日、1 は月曜日、2 は火曜日を表します。

getDay を使う

以下の 2 行目の文は、Date オブジェクト Xmas95 の値に基づき、weekday に 1 という値を代入します。1995 年 12 月 25 日は月曜日です。

var Xmas95 = new Date('December 25, 1995 23:15:30');
var weekday = Xmas95.getDay();

console.log(weekday); // 1

仕様

仕様書 策定状況 コメント
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Date.prototype.getDay の定義
ドラフト  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.getDay の定義
標準  
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.getDay の定義
標準  
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.0 で実装。

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: sutara79, Marsf, teoli, ethertank, Yuichirou, Mgjbot
最終更新者: sutara79,