Date.prototype.getDay()

getDay() メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「曜日」を返します。 0 は日曜日を表します。「日」を取得する方法は Date.prototype.getDate() をご覧ください。

構文

dateObj.getDay()

返値

整数値で、 0 から 6 までの値を取り、地方時に基づいて指定された日付の曜日に対応し、 0 は日曜日、 1 は月曜日、 2 は火曜日のようになります。

getDay の使用

以下の 2 行目の文は、Date オブジェクト Xmas95 の値に基づき、weekday に 1 という値を代入します。1995 年 12 月 25 日は月曜日です。

var Xmas95 = new Date('December 25, 1995 23:15:30');
var weekday = Xmas95.getDay();

console.log(weekday); // 1

注: 必要であれば、曜日の完全な名前 (例えば "Monday") は Intl.DateTimeFormatoptions 引数を設定することで取得することができます。このメソッドを使用すれば、国際化がより簡単になります。

var options = { weekday: 'long'};
console.log(new Intl.DateTimeFormat('en-US', options).format(Xmas95));
// Monday
console.log(new Intl.DateTimeFormat('de-DE', options).format(Xmas95));
// Montag

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.getDay の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
getDayChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 3Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報