Date.prototype.getDay()

getDay() メソッドは、地方時に基づき、指定された日付の「曜日」を返します。 0 は日曜日を表します。「日」を取得する方法は Date.prototype.getDate() をご覧ください。

構文

dateObj.getDay()

返値

整数値で、 0 から 6 までの値を取り、地方時に基づいて指定された日付の曜日に対応し、 0 は日曜日、 1 は月曜日、 2 は火曜日のようになります。

getDay の使用

以下の 2 行目の文は、Date オブジェクト Xmas95 の値に基づき、weekday に 1 という値を代入します。1995 年 12 月 25 日は月曜日です。

var Xmas95 = new Date('December 25, 1995 23:15:30');
var weekday = Xmas95.getDay();

console.log(weekday); // 1

注: 必要であれば、曜日の完全な名前 (例えば "Monday") は Intl.DateTimeFormatoptions 引数を設定することで取得することができます。このメソッドを使用すれば、国際化がより簡単になります。

var options = { weekday: 'long'};
console.log(new Intl.DateTimeFormat('en-US', options).format(Xmas95));
// Monday
console.log(new Intl.DateTimeFormat('de-DE', options).format(Xmas95));
// Montag

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報