Date.prototype.getUTCHours()

概要

協定世界時に基づき、指定された日時の「時」(※ 24 時制)を返します。

構文

val = dateObj.getUTCHours()
  • dateObj : Date オブジェクト

引数

無し

説明

getUTCHours の戻り値は、 0 から 23 の内の何れかの整数となります。

例: getUTCHours の使用例

現在の日付の「時」を変数 hrs に割り当てます。

var Today = new Date();        // クライアントの現在の日時を取得
var hrs = Today.getUTCHours(); // 協定世界時での「時」を取得

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: teoli, ethertank
 最終更新者: teoli,