toISOString() メソッドは、簡潔な拡張表記の ISO 形式 (ISO 8601) の文字列を返します。これは、常に 24 文字または 27 文字の長さになります (それぞれ、YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.sssZ または ±YYYYYY-MM-DDTHH:mm:ss.sssZ)。タイムゾーンは常に 0 UTC オフセットになり、接尾辞 "Z" で表記されます。

構文

dateObj.toISOString()

戻り値

協定世界時に基づき、与えられた日付を ISO 8601 形式で表す文字列。

toISOString() を使う

var today = new Date('05 October 2011 14:48 UTC');

console.log(today.toISOString()); // 2011-10-05T14:48:00.000Z

上記の例は、Mozilla 以外のブラウザーでは正しく解析されない、非標準の文字列値を解析するのに使います。

互換コード

このメソッドは、ECMA-262 第 5 版で標準化されました。このメソッドをサポートするため、更新されていないエンジンは、次のコードを用いてこのメソッドの欠落を補うことができます:

if (!Date.prototype.toISOString) {
  (function() {

    function pad(number) {
      if (number < 10) {
        return '0' + number;
      }
      return number;
    }

    Date.prototype.toISOString = function() {
      return this.getUTCFullYear() +
        '-' + pad(this.getUTCMonth() + 1) +
        '-' + pad(this.getUTCDate()) +
        'T' + pad(this.getUTCHours()) +
        ':' + pad(this.getUTCMinutes()) +
        ':' + pad(this.getUTCSeconds()) +
        '.' + (this.getUTCMilliseconds() / 1000).toFixed(3).slice(2, 5) +
        'Z';
    };

  }());
}

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.toISOString の定義
標準 初期定義。JavaScript 1.8 で実装。
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.toISOString の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Date.prototype.toISOString の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 9Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: segayuu, Marsf, shide55
最終更新者: segayuu,