Date.now

概要

UTC(協定世界時)での 1970 年 1 月 1 日 00 時 00 分 00 秒 から現在までの経過ミリ秒を数値で返します。

Date のメソッド
実装されたバージョン JavaScript 1.5
ECMAScript エディション ECMAScript 5th Edition

構文

var timeInMs = Date.now();

引数

無し

説明

now() メソッドは、UTC(協定世界時)での 1970 年 1 月 1 日 00 時 00 分 00 秒 から現在までの経過ミリ秒を数値で返します。

タイムスタンプやユニーク ID の生成の為にnow() を用いようとする場合、Windows での取得値が 15ミリ秒単位となってしまう事に注意して下さい(※参照: バグ 363258
短いスパンで複数回 now() が呼ばれた場合、それらの返り値が全く同じものになってしまう事があります。

互換性

このメソッドは ECMA-262 第 5 版に追加されたメソッドです。次のコードを使用する事により、実装の如何に関わらず同等のメソッドが使用可能となります。

if (!Date.now) {
  Date.now = function now() {
    return new Date().getTime();
  };
}

ブラウザ実装状況

Kangax's compat table に基づく。

機能 Firefox (Gecko) Chrome Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 5 3 9 10.50 4
機能 Firefox Mobile (Gecko) Android IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? ? ? ? ?

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank
最終更新者: ethertank,