Date.getTime

概要

ユニバーサル時間に従い、指定された日付の時刻に対応する数値を返します。

Date のメソッド
実装されたバージョン JavaScript 1.0
ECMAScript エディション ECMAScript 1st Edition

構文

date.getTime()

引数

無し

説明

GetTime メソッドによって返される値は、1970 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒です。このメソッドは、日付と時刻を別の Date オブジェクトに割り当てるために使用できます。

このメソッドは Date.valueOf メソッドと機能的に同等です。

日付のコピーに用いる

同一の時間値を持つ日付オブジェクトを構築します。

var birthday = new Date(1994, 12, 10);
var copy = new Date();

copy.setTime( birthday.getTime() );

実行時間の計測に用いる

何らかの処理の前後で Date オブジェクトを新規に生成し、それらに対して getTime を呼び出し、減算によりそれらの差分を得る事で処理に要した時間を計測する事が出来ます。

var end,
    start;

start = new Date();

for (var i = 0; i < 1000; i++) {
  Math.sqrt(i);
}

end = new Date();

console.log("Operation took " + (end.getTime() - start.getTime()) + " msec");

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank
最終更新者: ethertank,