Date.prototype.getTime()

getTime() メソッドは、協定世界時に基づく指定された日時の「時」に相当する数値を返します。

このメソッドは、日付と時刻を別の Date オブジェクトへ代入する助けとして使用できます。このメソッドは、valueOf() メソッドと機能的に同等です。

構文

dateObj.getTime()

戻り値

数値は、1970 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC から指定した日時までの経過時間をミリ秒単位で表します。

getTime() を使って日付をコピーする

同一の time 値を持つ date オブジェクトを構築します。

// month は 0 を基点とするため、birthday は 1995 年 1 月 10 日になります
var birthday = new Date(1994, 12, 10);
var copy = new Date();
copy.setTime(birthday.getTime());

実行時間を計測する

新たに生成された Date オブジェクトで、続く 2 個の getTime() 呼び出しを減算して、これらの呼び出しの間の時間を得ます。これは、何らかの命令の実行時間を計測するために使用できます。また、Date.now() を参照して不要な Date オブジェクトのインスタンス化を避けてください。

var end, start;

start = new Date();
for (var i = 0; i < 1000; i++) {
  Math.sqrt(i);
}
end = new Date();

console.log('Operation took ' + (end.getTime() - start.getTime()) + ' msec');

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.0 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.getTime の定義
標準
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.getTime の定義
標準
ECMAScript 2017 Draft (ECMA-262)
Date.prototype.getTime の定義
ドラフト

ブラウザの実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有)
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) (有) (有) (有) (有) (有)

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: Marsf, teoli, ethertank
 最終更新者: Marsf,