Date.prototype.toString()

toString() メソッドは、指定した Date オブジェクトをローカルタイムゾーンで解釈したものを表す文字列を返します。

試してみましょう

構文

toString()

返値

与えられた日付を表す文字列。

解説

Date オブジェクトは、 ObjecttoString() メソッドを上書きします。Date.prototype.toString() は、日付と時刻の両方を含む、ローカルタイムゾーンで解釈される Date の文字列表現を返します。これは toDateString()toTimeString() で指定した文字列表現を結合し、間に空白を追加したものです。

例: "Thu Jan 01 1970 04:42:04 GMT+0000 (Coordinated Universal Time)"

toString() メソッドは、const today = 'Today is ' + new Date() のように、日付を文字列に変換する際に自動的に呼び出されます。

Date.prototype.toString()Date インスタンスに対して呼び出されなければなりません。もし this 値が Date.prototype を継承していない場合、 TypeError が発生します。

  • 日付 の部分を取得したい場合は、 toDateString() を使用してください。
  • 時刻 の部分を取得したい場合は、 toTimeString() を使用してください。
  • 日付をローカルタイムゾーンではなく UTC として解釈したい場合は、 toUTCString() を使用してください。
  • 日付をもっとユーザーが読みやすい形式(例えばローカライズ)で整形したい場合は、 toLocaleString() を使用してください。

toString() の使用

const x = new Date();
console.log(x.toString()); // Mon Sep 08 1998 14:36:22 GMT-0700 (PDT)

仕様書

Specification
ECMAScript Language Specification
# sec-date.prototype.tostring

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報