mozilla
Your Search Results

    Date.prototype.toString()

    概要

    指定した Date オブジェクトの文字列表現を返します。

    構文

    dateString = dateObj.toString();
    • dateString : データオブジェクトの文字列表現(アメリカ英語)が返る
    • dateObj : Date オブジェクト ( new Date() で生成可能

    引数

    無し

    説明

    Date オブジェクトは Object オブジェクト にオーバーライドするものであり、 即ち Object.toStringDate.toString は異なるものです。 Date オブジェクトの場合、 toString メソッドはその文字列表現を返します。

    Date オブジェクトの toString メソッドが返す文字列表現は常にアメリカ英語の書式となります。
    具体的には以下の様な文字列が返ります。

    Sun Mar 17 2013 08:58:21 GMT+0900 (東京 (標準時))

    JavaScript は、Date オブジェクトの文字列としての解釈が必要な際(※例: alert(new Date() ) やテキストとの結合時(※例: var dateStr = "現在時刻: " + new Date() )に自動的に toString メソッドを呼び出します。よって、このような場合に明示的に toString メソッドを使用する必要はありません。

    例: toString の使用

    var dateObj = new Date();
    // 引数無しの Date コンストラクタの戻り値を代入
    // dateObj は閲覧者のロケールの現在のローカル時刻を持つ Date オブジェクトへの参照となっている
    
    var dateStr = dateObj.toString();
    // 文字列表現に変換し変数に代入。値は次の様な書式となる:
    //   Sun Mar 17 2013 08:58:21 GMT+0900 (東京 (標準時))
    
    

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    タグ: 
    Contributors to this page: teoli, ethertank
    最終更新者: teoli,
    サイドバーを隠す