Date.prototype.getUTCMilliseconds()

getUTCMilliseconds() メソッドは、協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を返します。

構文

dateObj.getUTCMilliseconds()

返値

協定世界時に基づき、与えられた日時の「ミリ秒」を表す 0 から 999 までの間の整数値。このメソッドは、時間部分、分部分などを提供する他のUTCベースのメソッドのコンパニオンです。このメソッドはミリ秒の部分を与えます。

Unix 元期の時刻と混同しないでください。1970/01/01からの経過ミリ秒を取得するには、".getTime()" メソッドを使用してください。

getUTCMilliseconds() の使用

次の例は、現在時刻の「ミリ秒」部を変数 milliseconds に代入します。

var today = new Date();
var milliseconds = today.getUTCMilliseconds();

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.getUTCMilliseconds の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
getUTCMillisecondsChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 4Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報