HTMLImageElement.naturalWidth

HTMLImageElement インターフェイスの naturalWidth プロパティは読み取り専用で、画像の本来の(自然な)密度補正された幅をCSS ピクセル数で返します。

これは,何も制約を受けずに描画した場合の画像の幅です。画像の幅を指定しなかった場合、または画像の幅を制限するか明示するコンテナー内に画像を配置する場合、この値は画像の幅を CSS で指定されたピクセル数で表します。

対応する naturalHeight メソッドは、画像の自然な高さを返します。

Note: ほとんどの場合、自然な幅とは、サーバーから送信された画像の実際の幅です。とはいえ、ブラウザーは画像をレンダラーにプッシュする前に画像を修正することができます。たとえば、 Chrome はローエンド端末で画像の解像度を低下させるなどです。このような場合、 naturalWidth はそのようなブラウザーの介入によって修正された画像の幅を自然な幅とみなして、この値を返します。

画像の幅を CSS ピクセル単位で表した整数値。これは、画像に制約や特定の値が設定されていない場合に、画像が自然に描画される幅です。この自然な幅は、 width とは異なり、表示されている端末のピクセル密度に合わせて補正されます。

画像に含まれる幅が指定されていない場合や、この情報を取得するための画像データが存在しない場合など、幅が利用できない場合は、 naturalHeight は 0 を返します。

HTMLImageElement.naturalHeight は、画像を「密度調整された」自然のサイズと、ページの CSS やその他の要素によって変化した表示サイズの両方で表示するコードの例として参照してください。

仕様書

Specification
HTML Standard
# dom-img-naturalwidth-dev

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser