HTMLImageElement.align

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

alignHTMLImageElement インターフェイスの廃止されたプロパティで、コンテナーに対して画像をどのように配置するかを示す文字列です。

代わりに CSS プロパティ vertical-align を使用する必要があり、その名前にもかかわらず実際に画像に対しても機能します。また、 float プロパティを使って、画像を左または右マージンに浮動させることができます。

align プロパティは、HTML の align コンテンツ属性を反映します。

文字列で、画像の配置モードを設定する以下の文字列のうちの一つを指定します。

ベースラインの配置

これら 3 つの値は、テキストのベースラインに対する要素の配置を指定します。 これらは、 CSS の vertical-align プロパティを使用して置き換える必要があります。

bottom

画像の下端を現在のテキストのベースラインと垂直方向に揃えます。既定値です。

middle

オブジェクトの中心を、現在のベースラインと垂直に整列します。

top

オブジェクトの上端を、現在のベースラインと垂直に整列します。

vertical-align は、その値に対していくつかの追加オプションを提供していることに留意しておくとよいでしょう。

画像を水平に浮動させる

left および right プロパティはベースラインと相対的な配置に影響を与えません。その代わりに、画像を左または右のマージンに「浮動」させ、続くテキストが画像の周りに流れるようにします。代わりに、 CSS の float プロパティを使用して、値として left または right のいずれかを指定するようにしてください。

left

画像の左端が現在のマージンと同じ位置になるように、画像を浮動させます。その後に続くテキストは、画像の右端に流れるようになります。

画像の右端が右マージンと同じ位置になるように浮動させます。。その後に続くテキストは、画像の左端に沿って流れます。

仕様書

Specification
HTML Standard
# attr-img-align

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser