Element.requestFullscreen()

Element.requestFullscreen() メソッドは、要素をフルスクリーン表示するための非同期的な要求を発行します。

要素がフルスクリーンモードに移行することは保証されていません。フルスクリーンモードに移行する許可が与えられている場合は、フルスクリーンモードであることを知ることができる fullscreenchange イベントを document が受け取ります。フルクリーンモードが拒否されている場合は、代わりに fullscreenerror イベントを受け取ります。

ドキュメントのトップレベルにある要素、または allowfullscreen 属性を持つ <iframe> だけがフルスクリーンモードで表示できます。すなわち、<frame><object> の内部にある要素はフルスクリーンモードで表示できません。

構文

elt.requestFullscreen();

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Fullscreen API
Element.requestFullScreen() の定義
現行の標準 最初期の定義

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox Internet Explorer Edge Opera Safari
基本サポート (有)webkit[1] 9.0 (9.0) mozRequestFullScreen としてサポート[2]
47.0 (47.0) (full-screen-api.unprefix.enabled で制御)
11ms[3] (有)[3] ? ?
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート ? 9.0 (9.0) mozRequestFullScreen としてサポート [2]
47.0 (47.0) (full-screen-api.unprefix.enabled で制御)
? ? ?

[1] webkitRequestFullScreen として実装されています。

[2] mozRequestFullScreen として実装されています (Screen の S は大文字です)。Firefox 44 より前のバージョンでは、誤って <frame><object> の内部にある要素の要求も受け入れて、許可されれば全画面表示していました。これは Firefox 44 以降で修正済みです。ドキュメントのトップレベルにある要素、または allowfullscreen 属性を持つ <iframe> だけがフルスクリーンモードで表示できます。

[3] MSDN のドキュメントをご覧ください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,