Element.requestFullscreen() メソッドは、要素を全画面表示するための非同期的な要求を発行します。

要素が全画面モードに移行することは保証されていません。全画面モードに移行する許可が与えられている場合は、返される Promise が解決され、文書が全画面モードになったことを知ることができる fullscreenchange イベントを受け取るようになります。権限が拒否された場合は、代わりに fullscreenerror イベントを受け取ります。

このメソッドはユーザーの操作又は機器の方向の変更によって呼び出す必要があり、そうでなければ失敗します。

全画面で表示することができる要素は、 HTML 名前空間にあり (つまり、標準の HTML の要素であり)、加えて <svg> 要素や <math> 要素、文書の最上位にある要素、又は allowfullscreen 属性を持つ <iframe> だけです。すなわち、 <frame><object> の内部にある要素は全画面で表示できません。

構文

var Promise = Element.requestFullscreen();

引数

なし。

返値

全画面への移行が完了した場合は、 undefined の値で解決した Promise

例外

全画面のリクエストが失敗した場合は、 Promise が例外で拒否されるかもしれません。発生しうる例外は以下の通りです。

  • 要素の文書が、全画面への移行ができる状態にない (つまり、 defaultView がない)。
  • 要素が HTML, SVG, Math の要素ではない
  • 全画面が許可されていない (例えば、ユーザーの操作ではない) 又は対応していない。
TypeError
以下の状況の一つが発生する可能性あります。

requestFullscreen() を呼び出す前に、 fullscreenchange 及び fullscreenerror イベントのハンドラーを設定してください。そうすれば、いつ全画面モードに切り替えることに成功したか (又は権限がなくて拒否されたか) を知ることができます。

tbd

仕様書

仕様書 状態 備考
Fullscreen API
Element.requestFullscreen() の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox Internet Explorer Edge Opera Safari
基本対応 (有)webkit[1] 9.0 (9.0) mozRequestFullScreen として対応[2]
47.0 (47.0) (full-screen-api.unprefix.enabled で制御)
11ms[3] (有)[3] ? ?
Promise の返却 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Chrome Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本対応 (有)webkit[1] (有) 9.0 (9.0) mozRequestFullScreen として対応 [2]
47.0 (47.0) (full-screen-api.unprefix.enabled で制御)
? ? ?
Promise の返却 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

[1] webkitRequestFullscreen としても実装されています。

[2] mozRequestFullScreen として実装されています (Screen の S は大文字です)。 Firefox 44 より前のバージョンでは、誤って <frame><object> の内部にある要素の要求も受け入れて、許可されれば全画面表示していました。これは Firefox 44 以降で修正済みです。文書の最上位にある要素、または allowfullscreen 属性を持つ <iframe> だけが全画面モードで表示できます。

[3] MSDN の文書をご覧ください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss
最終更新者: mfuji09,