MDN wants to learn about developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/MDN-dev-survey

<math> 要素は、 MathML におけるトップレベル要素です。全ての有効な MathML インスタンスは <math> タグに囲まれています。 加えて、<math> 要素を入れ子状に配置してはなりませんが、許可された要素に関しては、いくつでも子要素として配置する事が可能です。

属性

<math> 要素は次に示す属性に加え、<mstyle> 要素のすべての属性を受け入れます。

class, id, style
スタイルシートと一緒に用いて提供されます。
dir
数式全体の書字方向。値として ltr (左から右へ)と rtl (右から左へ) が指定可能です。
href
指定された URI へのハイパーリンクの設定に使用されます。
mathbackground
背景色。#rgb#rrggbbおよびHTML色名を使用できます。
mathcolor
文字色。#rgb#rrggbbおよびHTML色名を使用できます。
display
この列挙属性は、囲まれた MathM Lマークアップをレンダリングする方法を指定します。これは、次のいずれかの値を持つことができます。
  • block。テキストの意味を変えることなく任意の場所に配置できるブロックとして、この要素がテキストの現在のスパンの外側に表示されることを意味します。
  • inline。この要素がテキストの現在のスパンの内側に表示され、そのテキストの意味を変えることなくそのスパンの外に移動できないことを意味します。

存在しない場合、デフォルトの値は inline です。

mode
display 属性を選択して推奨されません。
可能な値は次のとおり: display(これは display="block" と同じ効果を持ちます)および inline
overflow
許可された幅に収まらないほど長い場合に、式がどのように動作するかを指定します。
可能な値は次のとおり: linebreak (デフォルト)、scrollelidetruncatescale

実際の表示を確認

Theorem of Pythagoras

HTML5 表記

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>MathML in HTML5</title>
  </head>
  <body>

  <math>
    <mrow>
      <mrow>
        <msup>
          <mi>a</mi>
          <mn>2</mn>
        </msup>
        <mo>+</mo>
        <msup>
          <mi>b</mi>
          <mn>2</mn>
        </msup>
      </mrow>
      <mo>=</mo>
      <msup>
        <mi>c</mi>
        <mn>2</mn>
      </msup>
    </mrow>
  </math>

  </body>
</html> 

XHTML 表記

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1 plus MathML 2.0//EN" "http://www.w3.org/Math/DTD/mathml2/xhtml-math11-f.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
 <title>MathML in XHTML</title>
</head>
<body>

  <math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML">
    <mrow>
      <mrow>
        <msup>
          <mi>a</mi>
          <mn>2</mn>
        </msup>
        <mo>+</mo>
        <msup>
          <mi>b</mi>
          <mn>2</mn>
        </msup>
      </mrow>
      <mo>=</mo>
      <msup>
        <mi>c</mi>
        <mn>2</mn>
      </msup>
    </mrow>
  </math>

</body>
</html>

: MathML をもつ XHTML 文書は、application/xhtml+xml として配信されなければなりません。これは、ローカルファイルに .xhtml 拡張子を追加することで、簡単に達成できます。Apacheサーバの場合、正しい MIME タイプに拡張子を対応付けるために .htaccess ファイルを設定することができます。XML 文書で MathML を表記するので、整形式の XML 文書を必ず記述してください。

仕様

仕様 状態 コメント
MathML 3.0
The Top-Level math Element の定義
勧告 現在の仕様
MathML 2.0
The Top-Level math Element の定義
勧告 初期の仕様

ブラウザー互換性

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
XHTML 表記 未サポート 1.0 (1.7 or earlier) 未サポート 9.5 5.1
HTML5 表記 未サポート 4.0 (2.0) 未サポート 未サポート 5.1
dir 未サポート 12.0 (12.0) 未サポート 未サポート 未サポート
href 未サポート 7.0 (7.0) 未サポート 未サポート 未サポート [1]
mathbackground 未サポート 4.0 (2.0) 未サポート 未サポート 5.1
mathcolor 未サポート 4.0 (2.0) 未サポート 未サポート 5.1
overflow 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
XHTML 表記 未サポート 未サポート 1.0 (1.0) 未サポート 未サポート 未サポート
HTML5 表記 未サポート 未サポート 4.0 (2.0) 未サポート 未サポート 未サポート
dir 未サポート 未サポート 12.0 (12.0) 未サポート 未サポート 未サポート
href 未サポート 未サポート 7.0 (7.0) 未サポート 未サポート 未サポート [1]
mathbackground 未サポート 未サポート 4.0 (2.0) 未サポート 未サポート 未サポート
mathcolor 未サポート 未サポート 4.0 (2.0) 未サポート 未サポート 未サポート
overflow 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

[1] bug 85733 も参照のこと。

Gecko 固有の注記

Gecko7.0 (Firefox 7.0 / Thunderbird 7.0 / SeaMonkey 2.4) は、トップレベル math 要素(すなわち <mstyle> 要素と同じ動作)のすべての MathML 属性へのサポートを導入しました。しかし、displaystyle 属性が考慮されず、Gecko 8.0 で追加されました

テキストのフォールバック(alttext)または属性 altimgaltimg-widthaltimg-height もしくは altimg-valign を使用する代替画像の参照は、現在の Gecko に実装されていません。

関連項

  • HTML トップレベル要素: <html>
  • SVG トップレベル要素: <svg>
  • MathML ブラウザーテスト: XHTML および HTML5

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: momdo, teoli, ethertank
 最終更新者: momdo,