Date.prototype.toGMTString()

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

toGMTString() メソッドは、インターネットグリニッジ標準時 (GMT) 協定に基づき、日付を文字列へ変換します。toGMTString() が返す値の正確な書式は、プラットフォームやブラウザによって変化しますが、一般に、人間が読める日付の文字列を表します。

注記: toGMTString() は非推奨であり、もはや使われていません。後方互換性のためだけに残されています。代わりに、toUTCString() を使用してください。

構文

dateObj.toGMTString()

戻り値

インターネットグリニッジ標準時 (GMT) 協定に基づき、与えられた日付を表す文字列。

簡単な例

この例では、toGMTString() メソッドは OS のタイムゾーンオフセットを使って、日付を GMT (UTC) に変換し、次の書式に似た文字列値を返します。正確な書式はプラットフォームに依存します。

var today = new Date();
var str = today.toGMTString();  // deprecated! use toUTCString()

console.log(str);               // Mon, 18 Dec 1995 17:28:35 GMT

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義だが、すでに非推奨宣言。JavaScript 1.0 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.toGMTString の定義
標準 互換性の附属書 (参考) で定義。
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.toGMTString の定義
標準 Web ブラウザ用の追加機能のための附属書 (規定) で定義。
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.toGMTString の定義
現行の標準 Web ブラウザ用の追加機能のための附属書 (規定) で定義。

ブラウザの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toGMTString
非推奨
Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 3Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

関連情報